ヤフーとグーグル4つの違い│虫眼鏡(関連)ワードを極める

ヤフー

最近この両者の違いについて考えています。

特にアフィリエイターの方ならどちらの検索エンジンを使うかで、アフィリエイトで用いるキーワードが違ってくると思います。

かくいう自分も、グーグルばっかり使ってました。

ヤフーって結構使いにくいですよね。上下に広告はたくさんあるし、虫眼鏡キーワードはすぐに出てこないし。

スポンサーリンク

ヤフーの方が利用者が多い

日本ではヤフーを使ってる人の方が多いんですよね。

2014y04m09d_151052684

こちらは検索エンジンのシェアになります。(2014 4.8日)

ヤフーが64.5%   グーグルが30.8%   その他 数%

正直最近まで、みんなグーグル使ってるやろ?と思ってましたが、ヤフーの方が多かったです。

確かに、中学校~専門学校まで学校のパソコンはヤフーがほとんど独占してました。グーグル使ってるのは少数派なんですね(^_^;)

なぜ日本ではヤフーが人気なのか?

ヤフーが人気の理由

  • グーグル⇒ブラインドタッチできる人向け(素早くキーボードで文字が打てる)
  • ヤフー⇒ごちゃごちゃしてるけど、周りのカテゴリから自分の見たいページに飛べる

とある記事からの抜粋↓↓↓

アジア圏は「漢字」に「変換」するとか、「子音」「母音」の組み合わせで自国語に「変換」しないといけないので、これをいちいち入力変換するのはめんどくさい。

要するにアジア人にとってキーボード入力はハードルが高い⇒ヤフーが人気というこだと思います。

スポンサーリンク

管理人が思う両者の違いについて

両者の違いについては色々あると思いますが、私自身が思う違いについて書いていきます。

シンプルVSごちゃごちゃ

これはもう、先ほどの内容と被りますが、

僕はヤフーよりグーグルが好きです^^

広告が多い

ヤフーはグーグルに比べて上下に広告が多いです。これも僕が嫌う理由なんですけどね(^_^;)

下はアフィリエイトで検索したときの検索結果です。

  • ヤフー

2014y04m09d_155847901

  • グーグル

2014y04m09d_155900908

ヤフーは4つ、グーグルは上に1つだけです。しかも、ヤフーだと下にも同様の広告でサンドイッチ状態です。

検索結果が違う

ヤフーとグーグルで検索結果に違いがあります。

それはグーグルが、個人の検索ワードを記憶し、その人に合った検索ワード・ページを表示してくれます。これはヤフーにはない機能です。

例)僕はパチンコが好きなので結構そのことについて調べることがあります。すると、グーグルからもパチンコ関連の動画・画像をよく表示されたりします。

あなたも、よく調べる単語がありますよね?それをグーグルは認知しているわけです。

虫眼鏡(関連)ワードが違う

実際にアフィリエイト商品を例にして検索してみます。

ペルソナQ シャドウ オブ ザ ラビリンス⇒こちらで検索

6月5日に発売のゲームですが、キーワードに差があったのでコレにしました。

2014y04m09d_161800385 2014y04m09d_161747103

左がグーグル、右がヤフーで検索したときの、下に出てくる虫眼鏡(関連)キーワードです。

利用者数の差によるものかもしれませんが、ヤフーの方がかなりの関連ワードを手に入れることができます。

アフィリエイターならどちらを利用したらいいのか?

答えはヤフーだと思います。まあ理由はだいたい上で述べた通りですが。

利用者数の違い

上でも述べたように、日本人はヤフー派が多いです。その為、アフィリエイトする為のキーワードを取得する場合もグーグルよりかはヤフーの方が、信頼度が高いと言える。

広告が出てるとそのキーワードに価値アリ

ルレアの教材にも書かれてましたが、ヤフーで検索した方が広告が表示されやすいです。

アフィリエイトしたい商品(キーワード)に対して広告が多いと、それだけ商用価値があるって事らしいです。

まとめ

かなり長ったらしい記事になりましたが、アフィリエイトをしている人ならどっちの検索エンジンを利用するかで、収益が変わることもあるかと思います。

自身も最近までグーグルばっかし使っていたので、これからはアフィリエイトの際にはヤフーを使っていこうと思います。

スポンサーリンク