IPアドレスがコロコロ変わると、管理者除外設定がやりにくい

TCP_01

前の記事でIPアドレスがコロコロ変わるので、
i2iアクセス解析などの管理者除外設定がやりにくい、という愚痴を書きました。

IPアドレスのIPとはインターネットプロトコルの略で、
ネット回線の番号です。例えると電話番号みたいなものかな?

そのIP番号に電波がピピピッと送られてくるわけです。

スポンサーリンク

今使っているネット回線

僕はモバイルwifiルーターを使っています。こんなやつです。

2014y05m09d_115637345

今話題のWiMAXですねww

前回の記事をみてくださった人は分かると思いますが、今は非常に後悔しています。

i2iを使って管理者除外設定をしていると、IPがコロコロ変わります。こんな感じ。

2014y05m09d_132842494

106.188までは一緒なんですが、そこから先の細かい数字が
ルーターの電源を切るたびににコロコロ変わります。

なので、ちくいち除外設定をしなくちゃいけません。

どうしてこんなにIPがコロコロ変わるのか調べてみました。

スポンサーリンク

IPアドレスまとめ

Q&Aサイトにだいたい載ってたのでまとめていきたいと思います。

IPアドレスが変わるタイミングとしてはPC電源のON/OFFと、
wifiではルーターのON/OFFによって変わるそうです(間違ってたらすいません)

IPアドレスには固定と可変の2種類あるそうです。
プロバイダ業者によって可変・固定はさまざまあるそうですが、
基本的には可変が多いみたいです。

固定IPアドレスにしたければ、プロバイダによってはオプションで可能だそうです。
ただし、有料で結構高いみたいです。

諦めるしかない

普通にパソコン使っている分にはIPなんて気にならないと思いますが、
アクセス解析を導入している人は結構気にするのでは?

僕は自分のブログに1日何十回とアクセスするので、
アクセス解析にはほとんど自分のアクセスばっかりです。
たまに勘違いして喜んでました。

そんなこともあり、IPを調べていたんですが、
ちょっと諦めるしかないみたいですね。

グーグルアナリティクスなら大丈夫かなと思ったのですが、
さっきちらっと調べてみたら、
可変IPアドレスだとあまり意味がない的なことが書かれていたので、おそらくダメでしょう。

管理者除外設定はやりたいですが、こうIPがコロコロ変わってはどうしようもないですね。

次の記事

アフィリエイトにおけるマーケティング(商品リサーチ)

スポンサーリンク