外注ライターを雇う前にクライアントが知っておくべき事

ライター

外注を雇うに前にライターがどういう基準で仕事を選んでいるかを調べてみました。

  • お金?
  • やりがい?
  • 簡単か?

僕はアフィリエイターなので外注記事などは書いたことがありません。そうなるとライター側の気持ちは分かりません。

アンケートをとってみて「こういう基準で仕事を選んでいたんだ」というのが見えてきました。

スポンサーリンク

ランサーズでアンケート

こちらが、その時の依頼内容です。

初めまして、ランサーズのクライアント(依頼主側)で始めようと思っている者です。


今回が初めての投稿となります。

お仕事を受ける皆様に伺いたいのですが、依頼を受ける時のポイントはなんでしょう?


お仕事の金額、お相手のプロフィール、評価、承認率、作業の難易度。


など、いろいろあると思いますが、あなたが一番重要視しているものはなんですか?

また、過去に依頼主とこんな事でトラブルになった、不快な思いをした、などありましたら、合わせて回答ください。是非参考にさせて頂きたいと思います。

依頼形式はタスクで行いました。単価は1件5円、全部で60件募集しました。

初めてだったのでドキドキでしたが、依頼して半日程度で全て埋まりました。安い単価でも応募は多かったです。

短いものから長いものまでありましたが、全て承認しました。

支払いも終わり、文書をダウンロードして自分なりに解析してみました。

個人で複数の意見もありましたが、意見の多い順に並べてみようと思います。

ライターからの回答

意見:件数

作業と報酬が見合っているか 13
気軽にできるか(簡単) 10
単価 10
報酬額 10
作業内容
自分に合ったジャンルかどうか
短時間でできるか
相手の評価、プロフィール
作業時間
最後まで責任を持って作業できるか
タスク形式か
承認率
安くても良い
明快なテーマ、分かりやすさ

単価や報酬額など、同じようにカウントしても良いと思ったのですが、書き手によって意味合いが異なってくるので、あえて細かく分類してみました。

最も多かったのは「作業と報酬が釣り合っているか」というものでした。上位には単価や報酬額などが並んでいるので受注側は金額を重要視しているようです。

その次に多く見られたのが「気軽にできるか、短時間、作業時間」などが多くありました。主婦や仕事の合間に小遣い稼ぎ感覚で行っている人も多いと思います。

また、ランサーズのタスク形式で仕事を受けた際60分という制限時間があります。ライターも時間内に終わらせたいという気持ちがあるでしょう。

「自分にあったジャンルや責任を持ってやり通せるか」など、受注側も責任感を持って仕事に取り組まれていました。もっと、いい加減な人が多いかと思ってました。

スポンサーリンク

その他、参考になった意見

1.作業内容と金額。ただ、金額が高くても、依頼文面が簡素すぎる、あいまいすぎるクライアント様は避けています。

2.明快なテーマを提示してくれるクライアント様です。細部まで指示してくれるクライアント様は付き合いが長くなります。

3.私が依頼を受ける際に重視する点はコンペであれば、参加報酬があったり、タスク系であれば文字数に見合った報酬がなされているかをみたりします。

中には依頼の細かさや量に全く見合わない報酬を提示されている方がいますが、制作する側もまた、制作時間や依頼品を制作(クオリティの維持)するための制作費なども考えているので、あまりに極端すぎる内容だと興味があった内容でもお受け出来ないこともあります。

また承認率、や星の数などの信頼性も重視してみることが多いです。まだ依頼件数は少なくても、評価が低い依頼人さんよりも作業をお受けすることは多いです。

まとめ

クライアント(発注側)が気をつけるべきポイントとしては、仕事の説明文ですね。

アンケートでは「簡素すぎるもの、逆に細かすぎる内容」は敬遠されるみたいです。短すぎず長すぎず、完結に仕事の内容を伝える必要があります。

次回予告

仕事を発注する際、何時ごろに依頼したら一番応募が集まるか?疑問が沸いてきました。

考えても分からなかったので直接問い合わせてみました。

ランサーズで依頼を投稿する日時・時間帯について

スポンサーリンク