クライアント側のデメリット【ランサーズ】

green_googlekasu20141024215319500

ランサーズのクライアント(発注者側)のデメリットについて記事を書きたいと思います。

ランサーズの利用者は、仕事を受注しているランサーが多いと思いますが、クライアント側からの意見も書いてみたいと思いました。

目次

  1. 手数料が高い
  2. タスク形式でのデメリット
  3. プロジェクト形式でのデメリット

スポンサーリンク

手数料が高い

ランサーズは他のクラウドソーシングに比べて、手数料が頭1つ抜けています。

報酬金額が20万円超部分:5%
報酬金額が10万円超~20万円以下の部分:10%
報酬金額が10万円以下の部分:20%

報酬が10万以下の仕事では、20%もの手数料が取られます。

他のクラウドソーシングの手数料

  • クラウディア  1円~5万の部分:15%
  • シュフティ   取引額の10%
  • クラウドワークス  報酬金額が20万円以下の部分:10%

参考:クラウドソーシングnavi

しかしランサーズのヘルプでは手数料がかかるのは、ランサー(受注者)側となっています。

・クライアント・・・手数料なし
・ランサー・・・あり

こう見ればクライアントに損は内容に見えますが、そんな事はありません。

プロジェクト形式では、複数の人がクライアントからの依頼に対して提案します。クライアントはその中から1つだけ選択するという形式です。

私もそれを使い記事を募集したところ、ほとんどの人が手数料抜きの金額を提示してきます。

ランサーが手数料を負担するとなっていますが、結局お金を支払うのはクライアントです。ランサーも手数料が高い事は知っているので、それを見越した金額を提示してきます。

結果、見積もり金額が高くなるのです。

タスク形式でのデメリット

タスク形式とは、1つの依頼に対して、ランサーが一斉に作業する形です。クライアントは出来上がったものを見て、納得すれば報酬を支払う形です。

プロジェクトと違い、作業量が50人とかになるので規模が違います。しかしデメリットも存在します。

  • 責任感が薄い
  • 記事の内容もアバウト
  • 体験談混じりの記事が上がってくる

ブログ記事のライティングに限った話ですが、プロジェクトと違い大人数で作業するので色んな人がいます。

こちらの希望に沿った文章が上がってくる事はほとんど無く、個人の今までの人生・体験談が語られている事が多いです。

ブログを見ていて、色んな人の体験が入ってくると変ですよね。だから客観的・専門的な記事をクライアントは欲しいわけです。

プロジェクトだと、ランサーは自分に仕事を任されているという責任感が生まれると思います。すると仕事を一生懸命とは言いませんが、それなりのものは仕上げてくるでしょう。

しかし、タスクの場合はランサー行った仕事が無駄に終わる可能性もあります。クライアントは、その気になれば全ての仕事(提案)を承諾しない事もできます。(お金を払わない)

ランサーからしてみれば確実に支払われるか分からない仕事に、そここまで時間をかけることはできない。ということでしょう。

スポンサーリンク

プロジェクト形式のデメリット

タスクであれだけのデメリットがあるから、プロジェクト1本でいけば良いじゃないか?とも思いますが、そうも言えない所があります。

プロジェクトのデメリットを1つ挙げるとするなら、時間がかかるという点です。

そもそも、外注をするというのは自分が行っている作業の一部を他人にやってもらい、その空いた分の時間をお金で買うという形だと思います。

プロジェクトで一番めんどくさいのが、ランサーとのやり取りとお金の支払いです。

こちらが、ある程度のマニュアルを作っておけば問題ないのかもしれませんが、それでも意図したものと違うものが上がってくる事もあります。

そうなると、記事の修正が必要になるので、そこに時間がかかります。

ある程度自分の意思を汲み取ってくれるまでにランサーが成長したとしても、向こうの都合などで、契約を終了されると、また1から適任者を探す必要もあります。

この部分については、まだ改良の余地はありそうですが。。。

また、お金の支払いもちょっと面倒ではあります。

タスク形式だとクライアントの1回の行動でお金を精算できますが、プロジェクトだと3回ぐらいやり取りしないといけません。

例えば50記事ぐらいの仕事に対し、まとめて精算するのだったら楽ですが、5記事程度で精算するのも面倒に感じてしまいます。

しかし、ランサーからすればプロジェクトでも確実にお金が支払われるとは限らないので、かなり信用できる人でないとそんな事は無理でしょうけどね。

次回予告

タスク形式って気軽に頼めるのですが、安く依頼しようとすると逆に損する事にもなります。

例えばランサーズの場合、1記事100円を5件発注して1件しか集まらなかった場合、強制的に300円とられます。

次⇒タスク形式では300円以下だと全額没収

スポンサーリンク