画像の無断使用は悪?過去の著作権裁判で訴えられた人の末路

しかたない

/そんなつもりじゃなかったんです・・・ウワァァァン~゚(゚´Д`゚)゚

画像や写真の著作権、転載について書いていきます。

ブログやSNSをやっていると画像添付したくなる時があります。全部自分が撮影、作成した画像であれば問題ないのですが、他人の画像を使用した場合は法律違反となります。

権利の侵害

著作権のある著作物を著作権者の許諾を得ないで無断で利用すれば、著作権侵害となります。ただし、許諾なく使える場合に該当するときは、無断で利用しても著作権侵害にはなりません。

引用:公益社階段法人著作権情報センター

著作物とは、個人・団体が所有している文章、画像、映像など多岐にわたります。ブロガーが利用するのは主に画像や文章、動画が主になります。

動画はYouTube動画がありますが、あれは埋め込み機能などシェアされる事を前提に作られているので、よほど違法な動画を掲載しない限り大丈夫だと思います。

文章については良識の範囲内(数行)であれば引用が認められています。ただ、どの部分を引用したかが明確であり、引用元を明示しておく必要はあります。

スポンサーリンク

画像の無断転載は法律違反

逮捕

画像が一番厄介です。文章と違い、基本的に部分引用なるものが認められていません。

フリー画像や著作者に許可をとっている際は別ですが、それ以外は無断転載となってしまいます。

ただブログをやってると、文章だけでは面白みがなく画像を入れたい時が多々あります。そういう時はグーグルの画像検索で拾ってくることが多いです。

許可をもらえば問題ないのですが、いちいち許可をとるのも面倒です。私も法律違反と分かっていながら無断転載を繰り返しています。当然そこにはリスクがあります。

1. 民事上の請求

上記のような権利侵害の事実があるときは、権利者は侵害をした者に対し次のような請求をすることができます。こうした請求に当事者間で争いがある場合には、最終的には裁判所に訴えて実現してもらうことになります。

侵害行為の差止請求
損害賠償の請求
不当利得の返還請求
名誉回復などの措置の請求

著作権を侵害すると、相手側から損害賠償などを請求される可能性があります。

2. 罰則

著作権侵害は犯罪であり、被害者である著作権者が告訴することで侵害者を処罰することができます(親告罪)。著作権、出版権、著作隣接権の侵害は、10年以下の懲役又は1000万円以下の罰金、著作者人格権、実演家人格権の侵害などは、5年以下の懲役又は500万円以下の罰金などが定めれれています。

罰則では1000万以下の罰金に問われる可能性があります。ただ、著作物の種類、程度(丸写しなど)にもよるとは思うので、参考程度の金額です。

また、私的利用(DVDの違法ダウンロードなど)であった場合も2年以下の懲役、または200万以下の罰金に問われます。

これを見ると、うかつに画像を転載するのは危ないですね(^_^;)

過去に無断転載で訴えられた人はいるのか?

裁判

正直、無断転載なんてみんなやっている事だと思います。例えばツイッターやフェイスブックの顔写真にアニメの画像を載せたり、ブログで他人の画像を載せたりなど。

おそらく違法だと薄々気付いてはいるけど、みんなやってるし大丈夫でしょ?みたいな感じだと思います。また、NAVERまとめや、2chでは無断転載などが横行しています。

事実はいったいどうなのか、今までにあった著作物の無断転載における裁判事例を調べてみました。

事例1.ブログ無断転載の裁判傍聴記、「著作物に当たらず」 知財高裁

ネット公開した裁判傍聴記を無断でブログに転載されたとして筆者がヤフーに削除を求めた訴訟で、知財高裁は「ありふれた表記」などとして著作権を認めなかった。

引用:今井亮一の交通違反バカ一代!

この裁判があったのは平成18年と古いですが、裁判の傍聴記事をブログにアップしていたが、それを第三者にパクられたという話です。

裁判所は第一審で下された「著作物にはあたらない」という判決を覆すことなく、男性の言い分を却下しました。

どの程度パクられたのかは分かりませんが、この判決は意外でした。個人的には著作者の言い分の方が正しい気がします。でも、著作物という見切りが難しいんでしょう。

事例2.著作権裁判を実際にやってみた

著作権裁判の話6 和解案の記事が長野の新聞に載ったらしいので金額的なこと。使用箇所の多さから170万の請求、裁判所の和解案20万、最終和解50万でした。弁護士費用50万、判決なら裁判所は6万って脅してきた。裁判費用はこちら、使われた上に50万払えってこと。著作権裁判は無駄ってこと

引用:著作権裁判を実際にやってみた

この事例は、古文書について創作活動をしている「ゆくふむ」さんという起こした裁判です。実際の訴え内容は分かりませんが、おそらく古文書を無断転用されたのでは?と思います。

今回の事例では、170万円の損害賠償請求をしたけど、最終的に50万円で和解?したのかな。たぶん、訴えたほうがお金かかった上に、無駄足を踏まされた感じですよね。

ゆくふむさんのコメントにもありましたが、日本の裁判事情は著作者に対して不利にできているようです。

 8つのの裁判事例

続いては8つの著作権に関する判例をまとめたPDFを見つけました。一応簡単にですが、概要と判決、賠償金についてまとめてみます。

用語解説

  • ※原告⇒訴えた側
  • 被告⇒訴えられた人
  • 容認⇒原告の訴え内容を認めた
  • 棄却⇒認めずに却下した

1.「音楽ファイル交換事件」

概要:A社(原告)が管理する音楽ファイルを、B社(被告)がmp3形式で不特定多数がダウンロードできるサービスを展開

結論:一部容認(原告の訴えが一部が認められた)

賠償金額:3000万円

2.「2ちゃんねる事件」

概要:2ch上で電子掲示板を運営する被告に対し、原告(漫画家・出版社)が保有している対談記事が無断で転載されている

結論:被告は電子掲示板を運営しているだけであって、記事を無断転載したわけではない(記事を無断転載したのはユーザー)。よって原告の訴えは認められない

3.「録画ネット事件」

概要:NHK放送(原告)を外国の人も見られるようなサービスを展開(被告)

結論:申し立て容認⇒仮処分(運用停止)のみで、賠償金などは請求されず。

4.「Webcel事件」

概要:コンピューターソフトウェアを製造販売するA社(原告)が、同様のB社(被告)にソフトウェアの管理画面をパクられた

結論:請求棄却(原告の訴えを認めず)

5.「ネット記事見出し事件」

概要:読売新聞(原告)のオンライン記事が、被告に記事の見出しをパクられた

結論:請求棄却

6.「ケイコとマナブ事件」

概要:原告の出版している通信講座のレイアウトが、被告側にパクられている

結論:訴えは認められず

7.「幼児用頭脳開発ドリル事件」

概要:幼児用の頭脳開発ドリルについて、原告と被告側の会社が共同で運営していたが、被告側が単独でドリルを開発・販売したことに対し、著作権侵害を訴えた

結論:請求・控訴、共に棄却

8.「XO醤男と杏仁女事件」

概要:中国の小説家(原告)が執筆した小説を、日本の出版社・小説家(被告)が無許可で翻訳、ほぼ全文をパクった

結論:差し止め及び、損害賠償の一分を容認。

参考・引用:著作権判例

こうして見ると、著作権侵害を認めてもらうのは想像以上に大変なようです。ほとんどが棄却されてますもんね。

スポンサーリンク

サイト運営者に参考になりそうな、最近の判例

人気漫画家の“似顔絵”無断掲載事件(2013.7.16)

概要:ある人気漫画家が出版した本の一部を、個人が画像投稿サイトに投稿

結論:50万円の損害賠償命令が出された

ジャニーズタレントの写真無断掲載事件(2014.8.11)

概要:ジャニーズタレントの顔写真を雑誌に無断使用された為、出版社をパブリシティ権侵害で訴えた

結論:出版社に5400万円の支払い命令

さくらインターネットへの発信者情報開示請求事件(2014.10.15)

概要:「みんなのおすすめ、塗装屋さん」と題するサイトの「口コミランキング」というページを見た、リフォーム会社が、当社に対して虚偽のクチコミが記載されているとして、さくらインターに情報の開示を求めた。

結論:さくらインターネットに対して、ブログ作成者の情報の開示を請求。

参考:日本ユニ著作権センター

ジャニーズの5400万は強烈ですね。でもジャニーズ関連のファンブログは無断転載で溢れています。それをジャニーズ側も黙認状態です。

ジャニーズ事務所は著作権にかなり厳しいと言われており、メンバーの公式ブログなどはほとんどありません。写真が横行するのを懸念しているのでしょうか?

また、さくらインターネットの事例のようにブロガーが企業に対し不利益な情報を流した場合、情報開示を求められます。これは請求されやすいので営業妨害になるような内容は極力書かない事です。

著作者の側になって考えてみる

例えば僕が1枚の絵を1年ぐらいかけて丹精込めて書いたとします。それをネット上にアップしてみんなに見てもらおうとしました。

すると他の人が見てくれ、自分のブログやツイッターなどのSNSで拡散されました。この拡散を嬉しいと取るか、悲しいと感じるかは人それぞれです。

無断転載されたくない!と考えて、「無断転載は禁止です」と書いていても、一度別のブログへ無断転載されればその文言は見えません。

またジャニーズなどが無断転載を嫌がるのはタレントの商品価値が下がるからではないでしょうか?今やネットで家にいながら嵐の松潤や大野くんに会えるような感じです。

それが写真であったり音楽やYouTubeなどの動画で違法にアップロードされています。

有料と無料の商品があれば消費者は当然無料へ走ります。結果として写真集・DVD・音楽などが売れなくなるということです。

日本の著作権は、著作者側に不利にできている

著作権が認められるには、相当のハードルがあると思います。言ってみれば、著作者には不利な裁判体制と言えるかもしれません。

しかし、一旦認められてしまうとその額は数百~数千万単位まで膨れ上がる可能性があります。

個人的には画像を転載したところで、著作者からすれば1~数枚なので、そこまで大きな額は請求されないと思います。(個人ブロガーの場合)

ただ、丸パクリや多数の画像を1つの媒体から転用すると危険です。

また、漫画家や芸能人などの写真・画像を転載すると額が跳ね上がると思います。人物が写っているとパブリシティ権(肖像権)が発生するので、著作権とダブルで請求されます。

パブリシティ権とは

パブリシティ権」とは – 有名人・著名人の氏名や肖像が持つ経済的権益・価値を、その本人が独占できる権利のこと。

引用:はてなキーワード

また、文章のように引用元を明記すればいいと考えていました(出典など)。

⇒出典:http://○○○

しかし、引用した画像そのものが既にパクられた画像であることがほとんどです。

みんな知ってか知らずか、無断転載している人は多いんです。そして、裁判になれば出典を明記していても関係ないでしょう。引用元があったとしても法律違反してるんで。

NAVER まとめが画像転載をしても罪に問われないのは、2ch事件と同じように、「運営側が無断転載しているのではなく、NAVER のユーザーが転載しているのであって、あくまでも運営側に責任はない。」ということでしょう。

まとめ

ブロガー、特にアフィリエイトなど商用利用を行っているものからすれば、画像というのは必須です。見た目にも違いますし、メリットが多数あります。

フリー画像や自分で撮影するものにも限界があります。もし、合法的にやりたいならイラスト作成を依頼するしかありませんが、コストもかかります。

正直、文章と同様に法律でも一部転載を認めて欲しいところです。

まあ、相当悪質な画像転載をしなければ大丈夫だと思います。悪質とは丸パクリや、あたかも自分で撮影したように見せる、加工するなどです。

自分の結論としては、今後も無断での画像転載はやると思います、たぶん。でもこの考えは甘いです。将来的に訴えられて、トンデモない額を請求されるかもしれません。(^_^;)

また、事態を悪化させない為にも、お問い合わせ先は必ず用意しておくことです。相手からのクレームに対し素早く対応すれば、6~7割がたは裁判も未然に防ぐ事は可能だと思います。

向こうだって、金にならない相手に対し、無理に裁判を起こしたくはないと思うので。

以上ですが、これは個人的な考えです。自分でやる際には自己責任でお願いします。

スポンサーリンク

シェアする