アナリティクスで訪問者がどのページから来たかを知るには?

googleanalytics

Google Analyticsによるアクセス解析「Webマーケティング実践テクニック100」という本を読みました。

その中でも1つある気づきがあったのでシェアしたいと思います。

ちょっとした事ですが、同じ事で悩んでいた人は、意外と多かったのでは?と思います。

スポンサーリンク

アナリティクスのメニュー欄

アナリティクスでアクセス解析を見るときは主に、以下の4つを参考にすると思います。(リアルタイム~行動)

Baidu IME_2015-2-7_13-46-5

その内の行動をクリックしてください。

そして、サイトコンテンツ⇒すべてのページへ

Baidu IME_2015-2-7_13-46-33

すると以下のように各記事のページビューなどを確認する事ができます。

Baidu IME_2015-2-7_14-30-12

ページのURL表記は人によって違いますが、僕は年月日で表示しています。

人によってはカテゴリ/記事タイトルなどで表記している人もいるでしょう。⇒○○.com/afiri/akusesuappu/ など

ここでいつも困っていたのが、ローマ字表記、数字の表記だと、何の記事か分からないという点でした。

解決策:ページタイトルを選択

これで解決!!

これを見やすくするには、ある場所をクリックするだけでした。

Baidu IME_2015-2-7_13-47-46

上の選択肢に、ページタイトルと表記されたものがあるので、クリックします。

すると、全て日本語で表記されるようになります。

Baidu IME_2015-2-7_14-30-40

これはずっと悩んでた部分だったので、遅まきながら気付けて良かったな~と思います。^^

スポンサーリンク

僕がパーマリンクを数字表記にしているワケ

パーマリンクとは、各記事の番地(住所)みたいなもので、ワードプレスでは最初に選択肢から選ぶ事もできます。

Baidu IME_2015-2-7_14-35-40

僕はカスタム構造で「/%year%/%monthnum%/%day%/%hour%%minute%%second%/」を設定しています。

ただ、これがSEO的にベストではありません。

WordPressにとってベストなパーマリンクは以下の2パターンだ。

http://example.com/カテゴリー名/記事タイトル(例 http://bazubu.com/wordpress/how-to-setup-permalink)

http://example.com/記事タイトル(例 http://bazubu.com/how-to-setup-permalink)

引用:バズ部

バズ部さんからの引用ですが、一般的にはカテゴリや記事タイトルをローマ字表記に直すのが、SEOには良いらしい・・です。

ただ、このやり方を嫌った理由は「めんどくさいから」です。

記事を書く度に、日本語をローマ字に変換して入力し直す必要があったので、めんどくさがりの人には向かないです。

数字表記にするメリットとしては、

  • URLが長くなりにくい
  • 何分何秒まで指定しているので、URLが被る事はない
  • 一度設定すれば、後は不要
  • そもそも、人はURLなんか見ていない

最後のは個人的主観ですが、皆さんそこまで、URLを見ているか?と言えば、そうでもないと思います。

だいたいが、記事タイトルから判断してページに訪れるワケなので、正直何でも良いのです。

ただ、SEOで有名なパシさんもこのやり方です。^^

今回読んだ本

次の記事

日記ブログをアクセスアップさせる為の方法を考えました

スポンサーリンク