【比較検証】楽天アフィリエイトvsアマゾンアソシエイト

Download PDF

アマゾンと楽天、実際の報酬額を比較してみました。

結論から言えば、アマゾンの方が広告1クリックあたりの報酬額は高かったです。

しかし、どちらかと言えば楽天アフィリエイトをおススメします。

理由は後述していますが、やはり30日のクッキーではないでしょうか?

特にアフィリエイト初心者には成果が出やすいのが楽天アフィだと思います。

それでは、詳細な報酬額などを紹介します。

スポンサーリンク

アマゾンアソシエイト

自分はアマゾンへのサイト審査が通らないので、もしも経由で使っています。

参考⇒Amazonと楽天を併用するなら「もしもアフィリエイト」がおすすめ!

もしもは、2015年の2月から使い始めました。

2015年2月~10月9日までのデータ(約8カ月)

↓クリックで拡大できます。

545

  • インプレッション(表示回数):14850
  • クリック数:1315件
  • 成果数:63件
  • 成果金額:11422円
  • CTR(クリック割合):8.9%
  • 成果発生率:4.8%
  • EPC(1クリックあたりの単価):8.7円

月あたりの平均獲得額は1400円ほどですね。

主に売れていたもの

ユピテルVE-S14 ¥4,259 ¥85
ビデオカメラiVIS mini X ¥28,897 ¥578
ビデオカメラiVIS mini X ¥28,897 ¥578
BLC-P2220V-B ¥3,685 ¥74
ビデオカメラiVIS HF R62 ¥34,088 ¥682
エアロバイク75XL3 ¥296,103 ¥1,000

報酬の料率はだいたい2%です。

注目して欲しいのは、最後のエアロバイクです。29万もするバイクですが、報酬が1000円止まりです。

アマゾンアソシエイトでは規約で報酬額が制限されており、1000円以上になると、一律で1000円になってしまいます。

本当だったら6000円近い報酬になっているのに、もったいないです。

あと、見て分かるように、報酬の大部分を占めているのがビデオカメラです。実はこのブログ内で紹介した記事から購入されています。

MP4形式で撮影/録画できるビデオカメラ【2014】

アマゾンではご存じの通り、クッキーが1日しかありません。なので、購買意欲の高い記事を書かなければ、報酬にはなりづらいです。

この記事が無ければ、月の報酬も500円いってないでしょう。アマゾンはより売るためのアフィリエイト技術が必要です。

スポンサーリンク

楽天アフィリエイト

楽天はもしもアフィリエイト経由ではなく、楽天アフィリエイトを直接使っています。

ただ、楽天アフィリエイトの報酬画面は、非常に使いづらく、見られるデータも月ごとにしか出ません。

楽天さん改善して!

もしも経由にしないのは、報酬額が減るのを懸念しています。でも、今後もしもに切り替える可能性はあります。

2015年1月~10月9日までのデータ

クリック数 売上件数 売上金額 成果 報酬
1月 228 14 98,402 979
2月 175 15 70,465 710
3月 188 7 23,254 229
4月 148 19 155,318 1,797
5月 159 17 247,836 2,479
6月 218 16 184,580 1,839
7月 223 19 76,927 759
8月 312 12 105,476 1,129
9月 227 18 89,046 1,350
10月 58 9 71,461 1,516
合計 1936 146 1,122,765 12787
  • クリック数:1936
  • 売上件数:146件
  • 売上金額:112万2765円
  • 成果報酬:12787円
  • 成果発生率:7.5%
  • EPC(1クリックあたりの単価):約6.6円

月平均で1200円前後の報酬になっています。

楽天は色んなものが売れる

楽天はアマゾンと違い、クッキーが30日あります。なので色んなものが売れていきます。

狙った商品が売れていることもありますが、ほとんどが紹介したことの無い商品ばかりです。なので、売る技術はさほど必要ではありません。

料率はほとんど1%です。中には高いものもありますが。

楽天とアマゾンどっちがいいか?

もし、アフィリエイト初心者であるならば、断然楽天をお勧めします。

理由はクッキーの長さです。アマゾンは1日、楽天は30日。その差は30倍です。

報酬率はアマゾンのほうが1%高いですが、たかが1%です。更に最近では報酬の料率を下げて来ており将来もっと悪くなる可能性はあります。

ブロガーに衝撃!Amazonアソシエイトが段階制料率廃止、家電/PC/カメラが固定2%などほぼ実質引き下げ

アマゾンで頑張るぐらいなら、A8.netなどの独自ASPを使ったほうがマシです。

もし、アマゾンを使うのであれば、楽天で一度試してみて売れてればアマゾンに切り替えるのが良いと思います。

ほとんどの商品が掲載されているので、どちらにもあるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする