女性の服の種類と名称を22種類、俺が全部調べた!

bsPAK86_kusoyarareta20140125

このブログはファッションブログではないのですが、女性が着る服の種類を調べようと思います。

理由は、たまにヤフオクで女性物の服を出品する事があるんですが、

「この服の名前なんて言うの?」

というのが何度もあります。

女性は男性に比べ、ファッションが多様であり、服の種類も多いです。無知な男にはサッパリなのです。だから、この機会にとことん調べてみようと思います。

あと、名前の由来・意味なんかも調べていきます。興味の無い人は、飛ばしてください。女性の写真は好みで選んでます。

スポンサーリンク

コート系

コート

コートとは、冬場などに洋服の上から羽織るものです。丈の長いのが特徴です。

コートにも色々種類がありましたので、1つずつ紹介します。

ステンカラーコート

ステンカラーコート

ステンカラーコートとは、男性用の外套の一種。他の呼び方にバルカラーコート、バルマカーンコート、スタンドフォールカラーと呼ばれることもある。
「ステンカラー」は和製英語で、「ステン」はフランス語のsoutien(「支える」と言う意味。英語のsupportに相当)に由来するとも、後ろが立ち上がって前に落ちている襟からStand Fall Collarに由来するとも言われている。

引用:wiki

なんか、襟に特徴があるみたいやけど・・・ようわからん。

スプリングコート

スプリングコート

スプリングコートはその名の通り、春に着るコートみたいです。特徴としては少し生地が薄手のものらしいです。

ただ、男からすると、さっきのステンカラーコートと大して見分けがつかん(^_^;)

ダウンコート

ダウンコート

ダウンコートのダウンは、ダウンフェザー(羽毛)から来ているようです。

特徴としては、モコモコであったかい所ですね。

ダッフルコート

ダッフルコート

フード付きの防寒コートで、ベルギーのアントウェルペン近郊の都市デュフェル(英語名ダッフル)に名称が由来する。

フロントはトグル(toggle)と称される浮き型の留め具と対になるループ数組によって留められるため、ボタンとは違い、手袋をしたまま服を脱着衣できるのが特長で、また前合せの右前・左前を簡単に入れ替えることもできる。

特徴は前の引っかけるやつですね。個人的にあまり好きではない・・・

トレンチコート

trent

トレンチコートの起源は第一次世界大戦のイギリス軍で、寒冷な欧州での戦いに対応する防水型の軍用コートが求められたことから開発されたものである。
「トレンチ(塹壕)」の称は、このコートが第一次大戦で多く生じた泥濘地での塹壕戦で耐候性を発揮したことによる。平時のファッションとして用いられるようになってからも、軍服としての名残を多く残す。

見た目の特徴としては、腰にベルトのような紐がついている点ですね。戦時中はここに手榴弾をぶら下げてたみたいです。

Pコート(ピーコート)

pコート

オランダ語でラシャのコートを意味する pij jekker が語源と言われている。

艦橋や甲板などの厳しい気象条件で使用することから、風向により左右どちらでも上前を変えることが可能となっている。片方のボタンが破損してももう片方で止められるという冗長性確保の意味もある。
幅広のリーファーカラー、手を温めるために縦に切り込みを入れたマフ・ポケット、碇をあしらったボタンなどが特徴である。

ikari

はえー、すごい。こんな細かいところまで凝ってるんですね。今度見てみよかな。

モッズコート(M51)

mozz

M-51「モッズコート」として知られている軍用パーカは、狭義には1950年代に採用された米軍の極寒防寒衣料の51年型モデルを指す。現在では「モッズコート」という呼称が定着しているが、90年代までは「モッズパーカ」「シェルパーカ」などと呼ばれることが一般的であった。 M-51は「パーカ」のほか、「ジャケット」や「トラウザーズ」もあり、しばしば混同されるがアイテムとしては全くの別物である。

うーん、極寒地帯での軍用装備が由来みたいですね。見分け方は、なんかあったかそうなミリタリーみたいな感じですかね。

ジャケット

jaketto

ジャケット (英: jacket) は、上着の種類。

広いカテゴリーであり、さまざまなものが含まれる。古くはジャケツという日本語化された表記・表音が用いられたが、現在では「ジャケット」にほぼ統一されている。
通常、袖つき前開きだが、まれにプルオーバー(頭からかぶる)もある。丈は短く、短いものではウェストライン程度で、ヒップライン程度のものが多い。これより長いものはコートとなるが、部分的に重複する。

コートとジャケットの違い

ジャケットは腰ぐらいまでの長さで、コートになるとそれ以上みたいです。

ジャケットの種類

ジャケットの種類は、コートで説明したほとんどのものが転用できます。

  • ステカラージャケット
  • スプリングジャケット
  • ダウンジャケット
  • ダッフルジャケット
  • トレンチジャケット
  • Pジャケット
  • モッズジャケット

ここまで来ると何となく分かりますね。腰までの丈だったら○○ジャケット、もっと長ければ○○コートと呼べばいいんですね。

ブレザー

ブレザー

ブレザー(英: blazer)は上着、ジャケットの一種であり、形状により「リーファージャケット」(reefer jacket)あるいは「スポーツ・ジャケット」(sports jacket)とも呼ばれる。金属製のシャンクボタンや左胸のパッチポケットに貼り付けられたエンブレム等が特徴として挙げられるが、現在の欧米では前述の特徴が無いテーラードタイプの上着もブレザーと称する。

ブレザーは学生服っぽいやつですね。胸にエンブレムがあれば見分けがつけやすいですね。

ジャンパー

janpa

ジャンパー(英: jumper)は、総じて丈の短い上着のこと。日本では「ジャンバー」と呼ばれることも多い。フランス語のブルゾン(仏: blouson)にあたる。

やっと馴染みのある名称が出てきました。昔はジャンパージャンパー言ってましたが、最近はめっきり言わなくなりました。

ジャンパーって名前がダサい気がするのは僕だけ?

ブルゾン

buruzon

ブルゾンは、腰丈の前開きのジャケットを指します。
フランス語の(blouson)が語源で、裾を絞ったブラウスと言う意味があります。
腰部分にゴム、ベルト、紐などが付いており、裾を絞って着るタイプの上着です。

日本でブルゾンと言う場合は、カジュアルで裾と袖口が絞られた前開き
のアウターを指します。ジャンパーよりもややオシャレな響きがします。

うーん、ジャンパーとの違いがよう分からん。服の裾を絞れるみたいやけど。。。

パーカ(パーカー)

pa-ka

正式にはパーカだが、「パーカー」と呼ばれることが多い。トップスのうち、首の根元に帽子となるフードが付いているものの総称である。

パーカは分かる。

ポンチョ

pontyo

ポンチョ (スペイン語:Poncho) は、主に中南米で着用されている衣類、外套。四角形の布の真ん中に穴があいていて、そこに首を通し、かぶって着用する。

これいいですよね。なんかおしゃれ。

カーディガン

ka-d

カーディガンは、毛糸で編まれたもので、前開きができるタイプになっています。

由来

クリミア戦争のバラクラヴァの戦いに於て無茶な突撃を行った事で有名な、英国陸軍軽騎兵旅団長の第7代カーディガン伯爵ジェイムズ・ブルデネルが考案、その名前の由来となっている。

怪我をした者が着易いように、保温のための重ね着として着られていたVネックのセーターを前開きにしてボタンでとめられる様にしたのがその始まりと言われている

由来を見てみると面白いですね。まさか、戦争時代に作られたものだったとは。

ニット

ニット

ニットとは、やわらかくよった糸をループの連鎖で編み上げたものの総称の事をいいます。

ニットにもいくつか種類があるようで、ツインニットとアンサンブルニットてのがあるみたいです。でも、調べても違いが分からないので割愛します。

セーター

seta

セーターは、編み物による衣類で、トップスにあたるものの総称。スエーターとも言う。
セーターの形状としてプルオーバーとカーディガンが代表的である。プルオーバーは、頭からかぶって着るもので、前後の開きがない衣類の総称。

うーん、カーデガン・ニット・セーターの違いがよくわからん。

調べてみると、編み物系の総称はニットだそうで、その中にカーデガンやセーターが含まれている?のだそうです。

ノースリーブ

ノースリーブ

ノースリーブは袖が無い服の総称だそうです。知らなかった。。。

ベスト

txt1615_2

ベストは、胴着の一種であり、国や時代によって意味や形態が異なる。本来は下着と上着の間に着る中衣であった。袖のないベストは、フランスではジレ(gilet)、イギリスではウェストコートとも呼ばれる。日本では主に袖のない、前合わせの中衣或はインフォーマルな上着を意味し、チョッキ(直着又はジャケットの訛りとされる)、ベスト単品のものはオッドベストと呼ばれる。

バーにいそう。

トレーナー

34357_03

調べてみたけど、あんまり記述が無かった。トレーナーはトレーニングウェアから来ているっぽい。だから練習着みたいな感じ。

見た目はジャージやね。

カットソー

katso

カットソー(cut and sewn)は、ニット素材(編み物)を裁断(cut)・縫製(sew)して作られる衣服の総称。シャツが平織りなどの織物生地をベースに縫いあわせて作られるのに対比した言葉。

調べてみたけど、ようわからん。

カットソーには以下のものが含まれてるそうです。

  • Tシャツ
  • キャミソール
  • タンクトップ
  • ポロシャツ

キャミソール以外はなんとなくわかるので割愛。

キャミソール

kyami

キャミソール(仏語:Camisole)は、細い肩紐で吊るし肩を露出する形状の袖なしの女性用の上半身用下着ないし上衣である。

これ好き。エロい。

ブラウス

01070_top

基本的には男性向けのワイシャツと同様の形状で、丈は腰のあたりまでのものが多い。素材は綿や絹、絹風の化繊が使われる。語源が「ゆったりした」という意味で、いわゆる「ワイシャツ」にくらべやわらかい素材が多い。

女性向けのためデザインは多岐にわたり、袖や襟の有無や形状にもバリエーションが多い。刺繍やビーズ、レースで女らしさを強調した装飾がされていることもある。

男の場合は、シャツ・Yシャツで終わりやけど、女性は種類が豊富やね。

チュニック

104710601_L

チュニックの語源は、古代ギリシャ・ローマや中世の東ローマ帝国で用いられていた「トゥニカ」(羅: tunica)であり、これは貫頭衣から発展した筒型衣全般を指す。その長さも地面に達するものから膝丈程度の長いものが主であった。

いわゆるテルマエの服?

Tunikaklädd_romersk_arbetare

ワンピース

wanpi

日本で「ワンピース」と言った場合は、アウターウェアのドレスのことを指す。 また、ワンピースに対して、上衣とスカートに分かれたものを「ツーピース」、上衣とスカートとベストなど3つに分かれているものを「スリーピース」と呼ぶ。
英語ではワンピースドレス(one-piece dress)と言い、「one-piece」自体は、水着・子供服・スポーツウェアやレーシングスーツなどの「つなぎ服」全般を意味する言葉である。

チュニックとの違いが・・・

終わりに

正直、違いが分からんのもたくさんあった。

女性の服はまだパンツ(下)もあるけど、疲れたのでまたの機会にします。

まあ、コートとジャケットの違いが分かっただけでも良かったです。

あと、キャミソールが思った以上に可愛かった。

終わり!

スポンサーリンク