【祝】ブログ3年目にしてアドセンス収益が5000円を超えた!

久々の収支報告です。

といっても前回と大して変わらないですが、アドセンス収益が5000円を下回らなくなりました。現在では7000円前後で保たれています。

この副業ブログを2014年に始めて3年目に突入しますが、ここまでスピードの遅いアフィリエイターもいないでしょう。(アフィリエイターと名乗っていいのかわかりませんが。。。)

今回はアドセンス収益の伸び方と、収益アップのヒントになるような内容をお届けしようと思います。

スポンサーリンク

2016年1月のアドセンス収益

まずは収支報告からです。

ad

アドセンスの規約では収益結果は報告して良いみたいです。クリック率とかはダメみたい。

こちらが、2015年ぐらいからの収益増加率です。

45

アドセンスを使いだしたのは2015年からでした。最初はアフィリエイトに絞っていたので。

収益の多かったブログの特徴

現在5つのブログをアドセンスに登録しています。2つが自分で作ったもので、残りの3つは外注ブログです。2年もやってて少な!

複数登録していると、それぞれ違った収益の伸び方をします。クリック率、RPM、インプレッション収益とかですよね。

そしてある特徴を見つけました。それは、文字数です。

先に結論から言うと

  • 1記事の文字数が多いブログ(2000~3000文字)は広告のクリック率が低い
  • 文字数が少ないブログ(800文字)はクリック率が高い

という傾向にありました。

実際に外注した2ブログを公開します。

文字数によって差ができる理由

考えれば簡単なのですが、文章が長すぎると広告までたどり着かず、離脱してしまうと考えられます。単に、漫画の単価が低いだけかもしれませんが。

今はモバイル端末の時代です。ほとんどのジャンルでモバイルのシェアが50~60%はあるでしょう。

モバイルからだと縦にスクロールしなければいけなくなり、それ自体が面倒です。結果、記事下の広告にたどり着かず、閉じられてしまうのです。

ただ漫画ブログの方は、WPのテンプレートをスティンガー5にしているので、記事上・中に広告を設置していません。だからそれが原因かも。

アドセンスの文字数は何文字が適切か

これは関しては、正解はないのでしょうが、以下のような事が言えると思います。

  • 文字数が多い:アクセスが集まりやすいが、記事下の広告へ辿り着きにくい
  • 文字数が少ない:クリック率は上がるが、PVが上昇しにくい

以下は、漫画と家電ブログのアクセス解析です。(グループアナライザー)

漫画

ji

家電

ij

漫画のほうは平均150pv、家電は40pvほどです。でも、収益はほぼ変わらないです。また外注費用に関しては、どちらも1万円程度です。

適切な文字数ですが、自分は多い方が良いと思います。理由はアクセスの伸びが違うからです。おそらく将来的に残るのは漫画ブログだと思います。

  • よく読まれる=価値が高い⇒将来も残る可能性がある
  • 離脱が早い=将来的に価値がないコンテンツをみなされる⇒徐々にアクセス減

アドセンスの設置もモバイル用に変えれば、漫画ブログも改善すると思います。

こちらで、アドセンスに適したテンプレートを紹介しています。

スティンガー5と「simplicity」を比較!

外注費用はどれぐらいで回収できるか

アドセンスに絞っての話です。僕は1記事800文字を100円で外注しています。単価は低いですが、これでもやってくれる人はいます。

それを家電のように、100記事ほどぶっこんだ結果、毎月、昼飯代ぐらいの収益になっています。

そう考えた場合、ドメイン代を含めても2年あれば回収できます。ただ、2年もこの収益が持続するかという話です。

また、人によってこの昼飯代を安いと感じるか、十分と感じるかも違うでしょう。自分は十分だと感じています。これにアフィリエイトもプラスすれば、更にスピードは上がります。

アドセンスをやるなら外注から

アフィリエイトは稼げない。と諦めてしまった人も多いと思います。自分も今はアフィリエイトなんて無理!ていう気持ちです。

そういう人は作業ができない人じゃないでしょうか。僕がそうでしたから。

それなら外注をしましょう。外注費用はアルバイトでもして稼ぎましょう。その内から、月に1万とか2万を外注費に充てましょう。

そうすると徐々にですが、100円、200円とアップしてきます。自分が働かなくても人に任せればいいんです。

何の為にお金を稼いでいるのか分からなくなりますが、将来楽をする為です。頑張りましょう。

次⇒アドセンス収益がついに1万円を突破!

スポンサーリンク