ハイエナのライバル多すぎ!少ない日は?

Download PDF

top

最近、ハイエナをしようとホールに出向くとライバルが多い。そんな毎日だ。

ハイエナに出向く機会が減ったのだが、まだまだ収入の1つとして頼っている。だが明らかに以前と比べてもライバルの数が多いのである。

前々から、なんとかならんか。と思案していたが、中々解決法は見つからなかった。

スポンサーリンク

雨の日にふらっと

ある時、ふらっとハイエナに出かけた時、外は土砂降りの雨だった。俺は普段バイクで店舗を回っている。エナラーであれば、車よりバイク派が多いだろう。

なので、いつも雨の日は家で身を潜めている事が多い。その時は用事があり、そのついでにハイエナをした。

いつものようにホールに入ると、なぜかいつも以上に期待値のある台が拾える。また、そういう台が放置されていても、中々取られない。

なぜだ・・・? その時、1つの仮説が浮かんだ。

雨だからか?

なぜ今まで気づかなかったんだろう・・・

スポンサーリンク

エナラーが雨を嫌う理由

ハイエナをする人間は店舗をぐるぐる回らなければならない。東京など都会などは電車移動もあるだろうが、そういう一部を除いては車かバイクが中心だろう。

車とバイク、どちらが渋滞に捕まらず便利かと言えばバイクだ。路側帯や小道を走るのに都合がよく、移動時間を短縮できる。

そういう考えを持ったエナバル(俺を含め)が複数いるだろう。

そういったエナバルが少ない日(雨)に稼働すれば、1日あたりの期待値は底上げされると考える。

だが、これは雨の日にしか使えないし、毎日ハイエナをしてる専業の人からすれば使えない戦法だ。

副業の1つとして捉えている人なら、少ない日数で効率よく期待値を稼げる考えとして役立つと思う。

スポンサーリンク

シェアする