紙パックなし!フィルター水洗い可!サイクロン掃除機TC-E123SBK 

tc-e123sbk-1

ツインバードの掃除機TC-E123SBKをアマゾンで買いました。価格は当時3796円です。

実はこの掃除機を買うのは二度目で、一度目はフィルターを使わず掃除をしたところぶっ壊れました。フィルター無しで掃除したらどうなるんだろう?という疑問を抑えきれませんでした。今回は大事に使おうと思います。

1回壊れてもまた買いたくなったのは初めての事で、正直コスパはかなり高いと思います。

値段も3000~4000円で推移してるので買いやすい商品ではないでしょうか。

スポンサーリンク

レビュー動画

組み立ては簡単5分

tc-e123sbk-2

説明書を見なくても簡単に組み立てられます。

tc-e123sbk-3

紙のフィルターがいらない

tc-e123sbk-4

僕がこれを買おうと思った一番の理由がこれでした。今まで家で使ってたのは紙のフィルターを使うタイプで、2か月に1回は交換が必要でした。

頻度は多くなかったので別に構いませんが、正直めんどくさいですし、紙のフィルターって必要ある?って思ってました。

この掃除機だとスケルトン部分を外し、ゴミ箱にポイするだけです。

水洗いが可能

水洗い

フィルターは洗えるタイプです。

自分は家が田舎にあるので、外にあるジョウロで勢いよくホコリを飛ばして洗っています。すごく楽です。

立て掛けておける

立てかけ

普通の掃除機だと地べたに横にして置くので場所ととりがちですが、これは自分で立ってくれるので20cm四方あれば足ります。

スポンサーリンク

デメリット

音がうるさい

最近は静かな掃除機なども多いかと思いますが、これは普通にうるさいです。ただ、他の掃除機よりもうるさいかと聞かれれば同じぐらいだと思います。

モーターの風がすごい

送風

この部分から風がバーっと吹いてきます。吸引力はもちろん強いですが、その分排出する風もすごいです。

普通の掃除機は後ろに送風口がついてる事が多いですがこちらは横についてるので周りのホコリを巻き上げる事があります。ここがこの掃除機一番のデメリットだと思います。

まとめ

確かに使いづらい部分もありますが全体的にコスパの高い掃除機だと思います。

最初はダイソンの掃除機買おうと思ってましたが、こっちにして良かったです。高いと壊れたらショックですが、こっちだと壊れても気にならないので。

使い始めて3か月ほど経ちますが今のところ元気に動いてくれてます。デメリットも上記で挙げた以外は見当たりません。

スポンサーリンク