高さ調節が可能なニトリの本棚「グレンBS1890DBR」

bs-1890-15

今回はニトリで書棚グレンというのを買いました。

この本棚は高さ調節が可能なタイプで、無駄な空きスペースが出来にくいです。

棚は3列と4列のタイプがあります。4列(120cm)を買っても良かったんですが、場所によっては入らない事があるので、凡庸性の高い90cmを買いました。

これで買うのが2度目なんですが、1度目の組み立ては結構分からなくて大変でした。そういう場面も動画で説明しています。

価格はだいたい8000円ぐらいです。これだけ大きな棚でこの値段はコスパも良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

レビュー動画

書棚グレンBS1890DBR

用意するもの

組み立て時に準備するものは以下の2点です。
・ドライバー(電動ドライバーがあると簡単に組み立てることが出来ます。)
・金槌

bs-1890-4

ネジを締めていくときに最初に固く締めてしまうと、間違えたりしたときに外しにくくなる為、最初はゆるく締めておくといいです。

組み立て時の注意点

組み立てるときには広いスペースを確保しましょう。狭い所でやってると自分がケガします。

外でやってもいいですが、組み立てたあとに自室へ運ぶのが面倒だと思います。最初から設置しようと思っている部屋でやる方がよいでしょう。

bs-1890-1

組み立てる時にどの板かは、各板に番号が振ってあるのでその番号で見分けるか、穴の数や線などの見た目で見分けます。

bs-1890-6

最初に番号順に板を並べておくと、組み立てるときにわかりやすくなります。

組み立てる際、板の向きをよく間違えてしまうので、説明書を見ながらしっかり確認して組み立ててください。僕は何度か間違えました。

bs-1890-7

続いて付属品のボンドを使用して板に木の棒を差し込みますが、そのボンドが出ません。理由は不明です。誰か理由しってる人いたら教えて。

bs-1890-8

そして、木の棒を板に差し込むとき結構固い為、金槌を使用することをおすすめします。

スポンサーリンク

組み立て風景

bs-1890-9

bs-1890-10

bs-1890-11

bs-1890-12

bs-1890-14

これは棚の裏側に留め具のようなものを固定しているところです。こちらもネジで留めています。おそらく背板が後ろに外れないようにするものだと思います。

bs-1890-13

今回は1時間ほどで完成しました。

bs-1890-15

1カ月経った使用感

購入して1カ月ほど経ちますが、非常に使いやすいです。一番のメリットは棚の高さを調節できる点だと思います。

bs-1890-16

こういう風にモノによって高さが違う為、空いたスペースが無駄になることが多かったです。しかし、この棚ならそういう無駄スペースが無くなります。

付属している棚板では将来足りなくなると思うので、その際はまた別途棚板を注文したいと思います。自分でカスタマイズする感じは楽しいし、愛着がわきます。

書棚グレンBS1890DBR

スポンサーリンク