クラウドソーシング系でライターを選ぶ基準

Download PDF

2015年からクラウドワークス・ランサーズ等で記事作成の依頼をしていますが、複数の応募があった際、採用する人はだいたい決まっています。

1. 実績、評価が多い
2. プロフィール情報が充実している
3. 応募メッセージが丁寧

3つともパーフェクトな人は中々いませんが、いれば高確率で採用します。
重要度で表すと、応募メッセージ>プロフィール>実績
の順で見てます。(個人的には)

1の実績は地道に積み上げていくしかありません。
始めたばかりの人が操作できるのは2と3です。

ではどのような応募メッセージが好まれるか。についてお伝えします。

スポンサーリンク

よくある応募メッセージ

――――――――――――――――――――――――――――――――――
○○様
初めまして、20代子育て主婦です。
ぜひ、こちらの案件に応募させてください。
普段、1500から2000文字の子育て関係の記事を執筆しておりますのでその経験も活かせたらと思います。
ご縁がありましたら幸いです。よろしくお願い致します。
――――――――――――――――――――――――――――――――――

このようなメッセージが9割以上です。

上記はかなり良い方ですが、もっと簡素だと
「この案件に興味があり応募しました!よろしくお願いします!!」
というのも多いです。
これだと、その他大勢に埋もれてしまいます。

僕が応募メッセージで見ている部分は人柄

人柄を2種類にわけると

・応募メッセージが短い=適当な人
・応募メッセージが長文=丁寧な仕事をしてくれそうな人

という風に見ています。

応募メッセージが短い=適当な人は言い過ぎでしょうが、

応募メッセージが短い=たくさんの案件に応募=依頼文面もろくに読んでない

というのが経験上多いです。
つまり応募メッセージが簡素な人ほど優先順位は低くなります。

では具体的にどういうメッセージが良いのかについてお伝えします。

クライアントの印象に残るメッセージ

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――
はじめまして!○○と申します。
本プロジェクトを拝見させていただき、私の経験が活かせるのではないかということで応募させていただきました。

【簡単な自己紹介】

【職務経験・実績・スキル】

【得意とするジャンル】
ビジネス系 → 働き方・上下関係・人間関係・人事・総務・事務・新人教育

【過去に作成した記事】(記事URL、ファイル添付、グーグルドキュメントなど)

【本案件に応募した理由】
私は2015年に○○検定1級を取得しているため、通常のライター様よりもその分野に関する知見がございます。
その知識を活かしながら、○○などのライティングにも携わってまいりました。
○○系の知識に関しては自信があります。きっと私の今までの経験か活かせるものと思います。

どうか、ご検討をお願い致します。

――――――――――――――――――――――――――――――――――――――――

過去に頂いたメッセージをもとに作成してみました。
これぐらいボリュームのあるメッセージが来ると「この人はキチンと仕事してくれそうだなぁ」と期待します。

こんな人、滅多にいませんがw

最初は作るのが大変ですが、一度作成してしまえば「応募理由」を毎回変えるだけで、クォリティの高いメッセージが出来ます。

スポンサーリンク

シェアする