広告主のサイトはよく見よう(アフィ)

Download PDF

今日は面白い気づきがあったのでメモします。

先に何が言いたいかをお話すると、

アフィリエイターは広告主のランディングページ(以下LP)はよく見ますが、広告主のサイトの構成までくまなくチェックする人は少ないと思います。

実際、私がそうです。汗

しかしASPに登録されているLPだけが、読者に訴求できるページとは限りません。

広告主もバカじゃないです。広告主は広告主で、様々な方法で読者に訴求を行っています。

サイト内をくまなくチェックすれば、他のアフィリエイターが思いつかなかった方法でアプローチできたり、成約させやすくなったりする・・・と思います。

それでは本題に入ります。

スポンサーリンク

LPは1つだけじゃない

きっかけはこの転職系ブログの記事でした。

http://nomad-salaryman.com/self-pr-tool-free

上記の記事では、リクナビnextの「グッドポイント診断」を成果ページとしている。

グッドポイント診断

リンクをチェックすると、利用元のASPはa8ネットでした。

しかし、a8に登録されたいたリクナビのランディングページは以下のようなものしかなかったです。

https://next.rikunabi.com/rnc/docs/cp_s11011.jsp?pr_nm=a06-lp&vos=nrnnaeight00101

リクナビ求人

求人によくある会員登録を促すページですね。

紹介した2つのLPのゴールはどちらも会員登録です。

どちらのLPが良い・悪いはありません。利用用途によって異なります。

単に転職サイトの紹介であれば、後者の方がスムーズです。

しかし、前者のLPを知っておくことで、違う視点からアプローチができます。

実際、前者のメリットとして

  • 自己分析できる
  • 診断結果が応募書類に活かせる

などがあります。

単に会員登録を促すだけより、アプローチの幅が広がるのではないでしょうか。

と偉そうに言ってますが、自分も今後は気を付けたいと思います。汗

スポンサーリンク

シェアする